キャッシングやカードローンを提供している会社が近年急増しています。国内の殆どの都市銀行や地方銀行で、いわゆる「銀行カードローン」を提供し始めました。先行していた一部のカードローンサービスが一定の成果を挙げていると見て参入を始めているのでしょう。

最短即日融資可能!限度額最高800万!
  • 融資限度額最大 800万円
  • 金利 1.9%〜14.5%
  • 楽天スーパーポイントも貰える!
  • 最短即日融資も可能(※1)
  • 月々2,000円からの返済(※2)
  • 全国のコンビニATMが利用可
※1 受付時間・審査状況により、当日の融資ができない場合もあります。
※2 借入残高 10万円以下の場合。


銀行カードローンは、これまで消費者金融系キャッシングサービスに比べて敷居が高いものが一般的でした。銀行は自らの銀行に口座を持つ中・高所得者をターゲットにカードローンサービスを提供してきたためです。ところが、消費者金融並みのサービスを引っさげての銀行カードローンサービスが登場しました。

銀行カードローンは、クレジットカードと同じ程度まで普及する可能性を秘めています。
日本は、クレジットカードの普及率が10%にも満たない堅実な国民性を持つ国です。時代が昭和から平成へと移り変わって25年以上経過しようとも、世の中がすっかり不景気になって20年を超えようとも、その国民性は変わりません。

キャッシングやカードローンなども国民全員に普及していると言うには程遠い状況ではあるものの、一定の利便性があり、上手に使えば生活の質の向上に寄与するという点で、疑う余地はありません。

利用する上で一番敷居が低いのは、銀行カードローンではなく消費者金融からのキャッシングでしたが、前述の堅実な国民性や昔あった消費者金融の悪いイメージのため、敷居の低さとは裏腹に、やはり普及していると言うにはおよそ程遠い状況が続いています。

ところが、一部の銀行カードローンで消費者金融系サービスに準ずるほどの敷居の低いサービスが登場しました。このことはこれまでのカードローンに対する多くの人の認識を変えて、利用状況に一石を投じる可能性があります。

その理由は、銀行と消費者金融に対するイメージの差です。多くの人が銀行に対して持つイメージが悪いものではなく、その銀行が提供するサービスについても同様だからです。
消費者金融もかつての悪いイメージがあった時代からは随分と様変わりしてはいますが、日本人の借金感と相まって払拭には今一歩です。

銀行カードローンも、消費者金融のような少額融資や即日融資を提供しているのはごく一部です。ですが、それが一般的になれば、クレジットカードを利用するかカードローンを利用するか選択するような状況になることでしょう。

このページの先頭へ